Home Book Minicar Moto Mac Weblog
Left Side
SUZUKI Bandit250
「美人薄命」

Top
NC750X
VFR800
GSX750W
TDM850
Bandit250
750 KATANA
GS250FW
GN50E
Race Queen Photo
1991年(平成3年)2月〜1992年(平成4年)7月
SUZUKI Bandit250
排気量 248cc
エンジン形式 4サイクル 水冷 DOHC4バルブ 並列4気筒
最高出力 45ps/14,500rpm
最大トルク 7.8kg/6,000rpm
SUZUKI Bandit 250

 今となっては一番評価が難しいバイク。
 買った当時は、上までストレス無く回る高回転型エンジンのキビキビした走りに、FWとの間の時代の差を感じつつ喜んで回していたし、セクシィなデザインは大変気に入ってたのですが、750のトルキィな走りに慣れていただけに、頻繁なギヤチェンジが要求される高回転型エンジンのフィールをすぐに煩わしく感じるようになってしまいました。
 また、デザインの良さに反比例したかのような荷物の積め無さ加減、ボルト留めされたリアシートを外さないと取り出せない工具、付いて無いに等しい泥除けの効果などの使い勝手の悪さや、落ちやすい塗装、燃費の悪さ、シート下の処理のチープさなどの品質面なんかも気になりました。そういったバイクのデキもさることながらなによりもイヤだったのは、走る度に町中で同じバイクに出会うこと(苦笑)。結局、1年ちょいで売り飛ばしてしまいました。
 それでもパーツのリプレイスを行うなどして結構かわいがりました。視認性の悪いミラーの交換という実用面から始まり、フロントブレイキのメッシュホース(ヨシムラ)/フロントフォークスタビライザー(ヨシムラ)/フロント・リアフェンダー(ヨシムラ)とヨシムラパーツづくしで装備を固め、峠を走るときの気分は「俺はダグ・ポーレンだぁ!」でした(笑)。
 免許取りたての頃にこれが乗っていれば、何の文句も言われないまま終わったであろう、ある意味不幸なマシンです。

Blank
Corner Down Left Blank Corner Down Right