Home Book Minicar Moto Mac Weblog
Left Side
YAMAHA TDM850
「大排気量トゥインの悦楽」

Top
NC750X
VFR800
GSX750W
TDM850
Bandit 250
750 KATANA
GS250FW
GN50E
Race Queen Photo
1992年(平成4年)7月〜1998年(平成10年)4月
YAMAHA TDM850
排気量 849cc
エンジン形式 4サイクル 水冷 DOHC5バルブ 並列2気筒
最高出力 72ps/7,500rpm
最大トルク 7.8kg/6,000rpm
YAMAHA TDM850

 とにかくラクなバイクでした。
 850ccの排気量の産み出す手ごろなパワーと、5ヴァルブの抜けのよさからくるツインにしてはスムーズに上まで回るエンジンフィーリング。そして、どこにもムリのかからないライディングポジションなどが醸し出すその乗り心地は、まさに「地の果てまでも駆けて行きそうな(©岡部幸雄(^_^;))」良さ。
 荷物の積載量も天井知らずだし(おいおい)、とにかくツーリングにはもってこいのバイク。それでいて軽快なハンドリングで峠道もそれなりに楽しめるスポーツ性を持っているのがうれしい。
 難点は足付きがチト悪いのと(それはまぁバイクのせいじゃないか…)、今時シートを外さないと使えないヘルメットホルダーや、シートをホールドさせるベルクロがすぐバカになったりする等の(この2点は次期モデルで改修されました)、あちらこちらにかいま見せる、ヤマハ特有の作りの雑把さ位のもので、相対的には良くできたバイクです。

 改造はアフターマーケットパーツがさほど出なかったため、フロントブレイキのメッシュホース(アールズ)とマフラー(OVER)の交換くらいに留まりました。
 ちなみにこのマフラー、リリース時はエキパイがスティール(黒)のモデルしか無かったのですが、半年もしないうちにステンレスモデルが発売されてしまい、「おいおいふざけんなよ、ありゃハナからそっち買ったのに」というユーザーへの配慮か、ステンレスエキパイのみのキットも発売されました。その際、製品の生写真入りの案内をわざわざ購入者に送って来たのがおかしかったです。

 結局、積極的に買い換えたくなるバイクが登場しないまま6年間乗り続けることになりました。

Blank
Corner Down Left Blank Corner Down Right