Home Book Minicar Moto Mac Weblog
Left Side
HONDA VFR (RC46)
「鈴鹿の残照」

Top
NC750X
VFR800
GSX750W
TDM850
Bandit250
750 KATANA
GS250FW
GN50E
Race Queen Photo
2002年(平成14年)6月〜2017年(平成29年)月
HONDA VFR (RC46D)
排気量 781cc
エンジン形式 4サイクル 水冷 DOHC4バルブ V型4気筒
最高出力 80ps/9,500rpm
最大トルク 6.9kg/7,000rpm
HONDA VFR (RC46D)

 前に乗っていたイナズマが悲惨な末路を迎えたため、心ならずも買い換えたのがVFRです。
 以前からスポーツツアラーに乗ってみたかったし、8耐常勝マシーンだったホンダのV型エンジンへの憧れもあった上、バイクのキャラクター的にも自分のニーズに合致しそうなこともありVFRをチョイスしました。
 本音を言うと、デザイン的にはVTECを積んだ'02モデルの方が好きだし、友人がED仕様の青に乗っているのとカブるのもイヤだったので、一時は本気で'02モデルを買う気でいたのですが、さすがにバイクに100万は出せない(カネの有無と言うより、ヒャクマンも出して買った物を、万一壊したり盗まれたりしたら立ち直れなくなりそうなので、精神的な保険として避けたって感じ)のと、折良く走行の少ない中古の出物があったので購入に踏み切りました。
 とにかくスムーズに回るエンジンで、極低速域でのトルクこそ乏しいものの、中速から高速域まで何のストレスも無く回るエンジンは、回せば回したなりに楽しいし、ダラダラ流してもエンジンにせっつかれることなくゆったり気分でいられる何とも絶妙なバランスと、V型ならではのパルスで「レシプロエンジンに乗ってるんだ」感も味わえる独特な味付けとなっています。
 長いことアップハンのバイクに乗っていたため、当初は前傾姿勢がつらく感じましたが、ハンドルアップスペイサーを追加したことでだいぶ解消したし、シートポジションに見た目ほどの自由度が無いので長時間乗ってると窮屈に感じたりしましたが、じゃあロングツーリングが苦になるか? というとそんなことは全然無かったのが不思議でした。
 シティコミューターとしては少々取り回しが良くありませんが、ツーリングでその真価を発揮するとても良くできたバイクで、歴代の愛車の中でナンバーワンの気に入りようでした。
 とにかくエンジンや車体のしっかりとした出来もさることながら、イナズマと同じ環境で保管していたにも関わらず部品がほとんど錆びないと言う、細部まで気を使った造りの良さなど、初のホンダ車体験に大変なカルチャーショックを受けたバイクでもあります。
 ちなみに良く言われるV型のウィークポイントとされる「股間の熱さ」ですが、個人的には全く気になりませんでした。サイドラジエーターからの熱風が来る膝周りと、足下でとぐろを巻いているエキパイから上がってくる熱の方がよほど気になりました。

 カスタマイズは、アクラポヴィッチのスリップオンマフラーへの交換(後に追突事故でおシャカになって交換を余儀なくされた際、アクラポヴィッチが既に生産中止になっていたためTwo Brothers Racingに交換)、フロント/リアブレイキ・クラッチホースのステンメッシュ化、MRAの段付きスクリーンへの交換、コケた時にキズが付いたフロントフェンダーを、純正色でペイントしたカーボンフェンダーにリプレイス。果てはレースカーのレプリカ施工で有名なDECALCOで、99年の8耐を制したラッキーストライク・ホンダレプリカ化を行い、レーサーレプリカオーナー気分を味わえたことも愛着が増す要因となりました。

 自分のニーズにジャストフィットしたことに加え、積極的に買い替えたくなるほど魅力的なバイクが現れなかったことも手伝い、なんだかんだで15年の長きに渡り乗り続けた、「愛車」と呼ぶに相応しい頼もしい相棒だっただけに、買い替え時は実に寂しい思いをしたものです。


Blank
Corner Down Left Blank Corner Down Right