Home Book Minicar Moto Mac Weblog
Left Side
2017年に読んだ本
2017年1月に読んだ本のレビューです。

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

オーファンX 反逆の暗殺者
ORPHAN X
グレッグ・ハーウィッツ:著
三角和代:訳
角川書店:刊
★★★

 ロサンジェルスの高層マンションで何の変哲も無い輸入ブローカーとして一人暮らしをしているエヴァン・スモークは、12歳で政府の極秘プロジェクトにスカウトされると“オーファンX”というコードネームを与えられ、殺人のためのありとあらゆるテクニックを叩き込まれた後、世界中で好ましからざる人物を葬り去る任務に明け暮れる日々を送った末、精神的な限界を迎えため組織から抜けて地下に潜り、今では虐げられ助けが必要な弱者に成り代わって問題を取り除く“ノーウェア・マン”としての活動を無償で行っていた。
 そんなエヴァンが、モレーナ・アギラールという17歳の少女を食い物にしている悪徳警官を処分し、報酬の替わりとして、同じように酷い目に遭っている人物を見つけたら、一人だけに自分の電話番号を教えるようモレーナに依頼すると、5日後ケイトリン・ホワイトという女性がエヴァンに電話をかけてくるが…。
* * * * *
 これまたユニークな暗殺者のニューカマーが活躍するピカレスク小説です。
 ぶっちゃけ、ハイテクを駆使しまくって匿名性を確保するのに腐心している割りには、肝心の依頼人獲得システムが穴だらけで、「こんなん早晩破綻を招くに決まってるだろ!」とか、エヴァンの情報収集能力がチート過ぎたり登場するガジェット類がもはやSFの域で少々絵空事感が過ぎる等々、ツッコミどころはままあれど、ユニークな仕掛人像と時にユーモラス、時にケレン味のある文体とが相まって、不思議と荒唐無稽さを気にせずサクサク読めちゃいますし、その出自や裏家業から他人との関わりを一切絶って自分の殻に籠もっていたエヴァンが、同じマンションに住むシングルマザーのミーアと息子のピーターに自分のパーソナルスペースを徐々に浸食されていくに連れて人間味を取り戻していく様が、定番と言えば定番ですが小気味よい読後感を与えてくれるアクション小説の佳作です。

 | リストへ戻る |  |

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

Last Modified 2017/3/4
Blank
Corner Down Left Blank Corner Down Right