Home Book Minicar Moto Mac Weblog
Left Side
VNC750X Diary
愛車NC750Xにまつわる記録とモータースポーツ関連イヴェントの参加レポートです(2017年分)

Top
NC750X
VFR800
GSX750W
TDM850
Bandit250
750 KATANA
GS250FW
GN50E
Race Queen Photo
| 17年 |
〜整備・改造の記録とツーリングなどのNC750Xにまつわる事ども〜

MAZDA ターンパイク箱根にて(2017/4/16)

■'17/7/17:見た目優先でハンドルバーを交換したらポジションも改善されたの巻
 注文したEZ-FIT BAR Plusの入荷連絡があり、セール期間中ピットは予約で埋まっているけど朝イチとかなら飛び込みで作業出来るかもとのことだったので、9時の開店時間に合わせてナップス 足立店へ・・・向かったら、9時オープンというのは日曜だけで、今日は10時オープンというリサーチ不足が発覚。仕方がないので近くのアリオ亀有で時間を潰してからナップスに戻り、ちょうどピット受け付けが始まっていたので作業を依頼。
 車検のことで脅されていたけど、幅が許容範囲を超えるようならノーマルタイプのグリップエンドに換えてもらうこと、ついでにピッカピカのメッキが安っぽいハンドルポストのボルトをステンレス製のボルトへ交換してもらうことも依頼してNCを預ける。ボルト代は194円×4本で776円也。
 作業の間店内をブラついたり作業の様子を撮影したり、マグネット付きパーツトレイを買ったりしつつ待つこと1時間半強で作業は完了。結局ビッグタイプのグリップエンドのままでも許容範囲内に収まったとの由。ポジション確認をしたところ特に違和感も無かったのでショップ側のセッティングのまま受け取り、ノーマルパーツは、ハンドルバーは処分してもらうことにしてグリップエンドとハンドルポストのボルトだけ回収して撤収。
 帰り道の短い距離ではあるけど、ノーマルのハンドルで感じていた「肩肘張ってる感」が減ってたいぶ自然なポジションになった印象で、見た目のドレスアップだけではない実用面での効果もあるカスタマイズになって満足♪

ノーマルのハンドルの写真 EZ-FIT BAR Plus交換後の写真
若干安普請な面が露呈してしまっているハンドル回り。 ノーマル比、11mmアップ/8mm手前/幅13mmアップ/絞り角が3°絞られたことでたいぶ自然なポジションに!
 とまぁ、カスタマイズの結果には満足なんだけど、自分の体格がたまたまスイートスポットを外れただけだろうとはいえ、サードパーティ製パーツの方がポジションがしっくりくるって言うのはどうなん?(^ω^ ;)

■'17/7/9:せめてハンドルくらいは…
 想定していたカスタムの道が閉ざされてしまったので、せめて味も素っ気も無い黒塗装のハンドルバーを交換して質感アップを図るのと、この夏デヴュウさせたアライSZ-Ram4が、30分も被っていると頭が痛くなってくるので、今日限定でアライヘルメットのフィッティングサーヴィスをやっているナップス 足立店へ。
 2階のヘルメットコーナーで実際にフィッティングを見てくれるのは山城のスタッフ。
 標準は10mmの内装なんだけど、これがえらい圧迫感があったので、7mmと5mmの内装を試してみたら、5mmが一番ちゃんと奥まで被れている感がしたし、内装と頭の間のクリアランスも問題ないだろうとのお墨付きをもらったので5mm内装を購入(3,150円)。これで頭痛が解消するといいんだけどねぇ…。

 続いてハンドル交換用に、ポジションも改善してくれるというのがウリのEFFEXEZ-FIT BAR Plusの取り寄せを依頼。
 NC750X用には11mmアップ、8mm手前にシフトするEZ-FITプラス[PBH181-GM]が用意されているものの、色はガンメタしか設定されていないのがチト残念。
 全然意識してなかったんだけど、純正のグリップエンドは使い回せないので、専用オプションとして用意されているハンドルバーウエイトビッグ の黒[EBB301K]も合わせてオーダー。お代はハンドルバー:5,151円+ハンドルバーウエイト:3693円+工賃:4,320円の1,3164円也。
 「幅も微妙に変わるので、グリップエンドを交換しないと車検に引っかかる恐れがある」なんて脅されたけど、車種専用設計がウリの製品で車検通らなくなるなんてことないよね?(^_^;)>エフェックスさん。

■'17/6/25:さぁ、いよいよカスタマイズに着手ですよ!
 夏のバーゲンセール時期到来! というわけで、NCのドレスアップに着手すべく、今日から始まった夏のスーパーセール中のナップス 足立店へ。
 マフラー交換とブレイキラインのステンメッシュ化という、自分的定番カスタマイズを施すため、ヨシムラスリップオン R-77Jサイクロンスウェッジラインのステンメッシュホースの取り寄せを依頼したところ、ヨシムラのマフラーは、少なくともサイトの製品情報を見る限りRC90がまだ型式認証を受けておらず、このままだと車検を通らないだろう、とのことなので、とりあえず見積もり扱いでヨシムラへの問い合わせ結果待ちとなり出鼻を挫かれてしまう(´・ω・`)。
 さらにブレイキホースはブレイキホースで、ABS車だとオイルを抜くのだけでも大ごとで預かりになるほどの手間のかかり具合で、工賃がなんと4万くらいはいくんじゃないとのことで、単なるドレスアップとしては現実的な費用では無いので断念するハメに(´・ω・`)。
RSタイチ DRYMASTER BOA ライディングシューズの写真
 仕方がないので、だいぶくたびれてきたライディングシューズの新調だけは済ませることにして、次のシューズはBoaシステム搭載シューズを履いてみたいと思っていたので、ライディングシューズにいち早く導入したRSタイチDRYMASTER BOA ライディングシューズの黒/赤[RSS0069915](17,320円)を購入して引き上げる。

 【追記】
 月曜日にナップスから電話があり対応は未定とのこと(´・ω・`)。
 ヨシムラさ〜ん、認定に実車が必要なら提供しますからRC90の対応早よっ!

■'17/6/3:日本でジャッキー・イクスのサインを入手するチャンスがやってくるとは
 F1、スポーツカー、パリダカと、参戦したすべてのカテゴリィにおいてトップドライヴァーとして活躍し、ル マンではトム・クリステンセンに抜かれるまでは最多だった6勝の記録を持つジャッキー・イクスが、富士スピードウェイで3日・4日に開催される《ザ・ワンメイクレース祭り 2017富士》の併催イヴェントである《Porsche Experience Day 2017》のゲストとして来日。ポルシェ936と956のデモランを行うというので、明日は某声優さんのライヴがあるため初日に参戦することにして、9時過ぎNCで出発。
 今日はMotoGP 日本GPのチケット発売日のため、港北P.A.に寄ってiPhoneでチケットを購入してから富士に向かうも、ポルシェカレラカップクラスのイヴェントでは西ゲイトは開いておらず東ゲイトから入場。首都高が渋谷周辺で、東名高速が厚木周辺で詰まっていたこともあって到着は11時半。
 グランドスタンド裏は駐車場として開放されているだけだったのでとっととパドックに向かい、936/77と956が展示されているピットまで向かったものの、956はショートテイル(シャシー番号005の'83 ニュル1000km仕様)だわ、マシーンはお尻を向けてるわで、写真撮影的にはイマイチ旨味が無かったけど、しばらくピット裏をうろついていたらイクスがやってきてファンサーヴィスに応じ始めたので、持参したポルシェ特注'82 956にサインを頂戴することに成功!
 無事ミッションを達成したので、持参したサンドで昼メシを済ませ、デモランに向けた936のエンジン始動を眺めてからダンロップコーナーに移動。936/77〜956の順にイクスがドライヴする「Porsche Special Guest & Car Drive」の写真撮影をしてからパドックに戻り、今度はマシーンの正面を向けてるだろうとピットに向かうも、相変わらずお尻を向けた状態(・ω・)。その代わりと言っちゃなんだけど、せっかくなので、イクスにさっきのサイン入りミニカーを持って頂いてスナップを撮らせてもらったのを潮に引き上げ、パンフを買い込んで3時前に撤収。帰りはほぼ流れていたので4時半帰宅。
の写真 の写真
ポルシェ956が鎮座するピットでファンサーヴィスに応じるジャッキー・イクス。マジ紳士でした。 ホンモノの956をバックにイクスのサイン入りミニカーという贅沢な構図。
ポルシェ936/77の写真 ポルシェ956Kの写真
936/77は、サイドの車検ステッカーが無いのがちょっとマヌケ。 956はショートテイルだったのがちょっと残念。
 いや〜、それにしても、調子に乗って箱詰めした何台ものミニカーを差し出すヤツに対しても、ちゃんと全部のミニカーにサインしてあげたり、サインをもらって謝意を表したファンには「サンキュー」と返したりと、終始にこやかに大勢のファンに対応しているジャッキー・イクスの神対応にはマジ感動した。

■'17/5/14:NCユーザーのマストアイテム、インナーリアフェンダー装着
 デザイン性や空力優先でリアのフェンダーレス化が進んでいる昨今、スーパースポーツならともかく、仮にもクロスオーヴァー(デュアルパーパス)を標榜するNCまでリアフェンダーが無くてリアサスが剥き出しってのはどうなのよ? ということでインナーリアフェンダーを装着。
 ネットで情報を漁ってみると、イタリアホンダでは純正オプション扱いになっているロッソクロモ製か、プーチ(かつてのGPライダー、アルベルト・チープとは無関係)製のインナーリアフェンダーを装着しているオーナーが多いものの、レビューを見ると、ロッソクロモのは個体差によってタイヤとのクリアランスがギリギリだったり、ヘタすると加工しないと接触してしまう場合もあるようなので、その点で問題無さそうなプーチ製[6038J]をチョイス。楽天Yahoo! ショッピングが2万円台だったのが、アマゾンは16,949円だったのでアマゾンでポチッとな。
 納車日には届いていたのだけれど、一応1000km点検が終わるまではおとなしくしていようと寝かせ置いて、本日ようやく取り付け作業に取りかかった次第。
 装着手順は、ノーマルのチェーンカバーを外して、ブレーキホース・ABSセンサー用ワイヤー固定用のブラケットをフェンダー付属のものに交換。ホース・ワイヤーをタイラップで固定してフェンダーを取り付けておしまい。
 メイド・イン・スペインということで精度に不安があったけど、安っぽさは感じないし、見た目の馴染み度もバッチリ。
 う〜ん、こうして付けてみると、特にデザイン上ジャマになるものでもないし、サスペンションを守る実用性から考えても標準で装備するべきパーツだと思うんですけどねぇ。
インナーリアフェンダー装着前の写真 インナーリアフェンダー装着後の写真
装着前のサス周り。雨の中やダートを走ったら一発でサスがドロドロになること間違い無し。 デザイン的にはロッソクロモの方が洗練度は高いですが、カヴァー度合いはプーチ製の方が勝って…るんじゃないかな?(^_^;)
インナーリアフェンダーとタイヤのクリアランスの写真 ブレイキホース・ABSセンサーコードブラケットの写真
フェンダーとタイヤのクリアランスも、接触を心配するほど狭くはないし、ガバガバ感を感じるほど広くもない、ちょうどいい案配。 写真じゃ分かりませんが、端の板状部分がスウィングアームから浮いちゃってるので砂利を噛みそうなのが残念。

■'17/5/7:1000km点検
 SUPER GT 富士戦観戦帰りに走行1000kmをクリアしたので、1000km点検を受けるついでに、粗大ゴミとして処分しようとしたら「オートバイの部品は区では回収できない」と言われてしまったVFRのツーブラのスリップオンを処分してもらうため、ホンダドリーム 板橋店へ。
 店がゴールデンウィーク休みで事前に連絡を入れられなかったので、飛び込みで行って点検を受けられるかちょっと心配だったけれど、開店直後に行ったのが奏功したか即作業に取りかかってもらえ、マフラーの処分も快く請け負ってくれる。
 作業は30分ほどで終了し、特に問題も見つからなかったのでオイル&オイルフィルター代の実費6,943円(オイル:5,324円+オイルフィルター:1,619円)を支払って1000km点検は完了。

■'17/5/6:プチドレスアップ
 5日のこどもの日、ルックス的なアクセントと、実用面でのアクセサリィをナップス 足立店で色々買い込んで来て、本日装着作業。
 足下のドレスアップ用に、VFRにも付けていたPOSHヘックスエアーバルブキャップ[000804-01]。トップケースに入りきらない荷物をシートに括り付ける時やシートバッグ装着用にアルミツーリングバー[004003-01]を取り付け、トップケースに荷物を積んでしまった時にヘルメットをバイクに括り付ける用に、車載のは使いづらそうなのでクリプトナイトクリプトフレックス525[210719]を試してみたら、シートとカウルのクリアランス的にも問題なくワイヤーを取り回すことが出来、懸案事項をクリアすることが出来る。
アルミツーリングバーの写真 ワイヤーによるヘルメット固定の写真
シートに荷物を積む時にかかせないツーリングバー。 特に干渉もせずホールドすることが出来ました。

■'17/5/4:ミクAMG、ポール発進もまさかの2度のパンクで下位に沈む
 開幕戦の岡山で3年ぶりの勝利を得て久しぶりに陣営の意気が上がっていることもあり、我らがグッドスマイルレーシング応援のため、SUPER GT 第2戦 富士観戦のため富士スピードウェイへ出撃。
 今年は、GSRブースで5,000円以上の買い物をすると参加出来るという、レーシングミクサポーターズの撮影会に参加してみようかと、5時前に目覚ましをセットして5時出発を試みるが、いつもより早出したにも関わらず東名高速が横浜町田あたりから詰まり出して流れが悪かったので、慣らしも800kmまでの上限5500rpm域の続きよりも、ほとんど使っていない6速にアタリを付けることに専念。
 結局富士スピードウェイに着いたのは7時40分。観戦支度を後回しにしてGSRショプにダッシュしたら、ギリギリ参加人数の20人内に潜り込めそうだったので7時の開店待ち列に並び、2017年ヴァージョンのティームレプリカシャツを買って参加券をGetし、今回は忘れなかった特典引換券を使って缶バッジを貰う。
 前売り券をパドックパスの実券に引き換え、パンフレットを買ってからバイク置場に戻って改めて観戦支度を整えたらカメラのストラップを忘れてしまったことが発覚…○| ̄|_。
 ああ、もう! ひとつ何かを忘れないように注意したら別の何かを忘れるとかボケ老人か?
 グランドスタンド裏のイヴェント広場を一巡りしてからパドックに移動し、軽くピットの様子を撮影してからピットウォーク待機列に並び、1時間弱の待ち時間の後ピットウォークに突入。
 とりもなおさずミクサポを撮ろうとコースに出て、途中いくつかのティームのレースクイーンを空いているうちに撮ってからミクサポを撮ると、いったんピットレーン側に移動してGSRのステッカー配布列に並んでステッカーをGetしてからコースに戻り、最終コーナー側まで行って戻ってをしているうちに終了時間が近づいたので、エヴァレーシングのレースクイーンを撮影しようと第1コーナー側のピットに足を伸ばしたものの時すでに遅し、レースクイーン退出後だったので、初号機AMGや初物のベントレイコンチネンタルGTを写真に収めたところでタイムオーヴァー。
 GSRブースでやる撮影会参加のためピットからグランドスタンド側に抜けようとしたら、地下道がまさかの大渋滞で焦るが、開始時間ジャストの10時40分にブースに到着。順番を待ってミクサポちゃんにさっきGetしたステッカーにサインをもらって撮影タイム…といっても、物販テント内で4ショットを数カット撮れるだけなので、頑張って早起きした甲斐があるかと言うと…(^ω^ ;)。
 撮影会&サイン会終了後、暑さに耐えられなくなってきたのでジャケットをバイクにしまいに行ってから昼メシを食おうとしたらどこも大行列だったので、ピットウォークで掻いた汗の分の塩分補給が取れ、列が比較的少なかった<三嶋拉麺>の塩ラーメンで昼メシを済ませてからイヴェント広場を軽く巡ったら、ARTAブースで、これまでチェックせずにいたため存在を知らなかったARTAガライヤのトミカサイズプルバックカーを発見したのでGetし、1等賞のARTA HSV-010とCR-Zのミニカーセットに釣られて100円のガラポンくじを1回回すもブービー賞のオートバックスのロゴステッカー。
 ウォームアップ走行が始まるのでマシーン撮影のためダンロップコーナーへ向かうが、今回は撮影会に参加して出遅れたため、さすがにベストポジションは人だかりが凄かったので、なんとか隙間を見つけてウォームアップ走行を撮影し、スタート進行中はiPad miniで日記を書いて時間を潰す。
 ところが、いよいよスタート時間が近づいたら前の観客が立ち上がって観戦を始めたため完全に視界を塞がれてしまったので、もうちょっとマシな場所に移動して1時間ほどマシーン撮影をしてから、撮影ポイントのヴァリエイションを増やそうとレクサスコーナー(旧プリウスコーナー)側を探検するも、長玉がないとまともな画が得られそうにないことが判明しただけという結果に。
 パドックに戻って軽く様子を伺ってから、小腹が空いたのでイヴェント広場に抜け、おやつに<赤鬼からあげ>の唐揚げを摘まんで休憩をとって、グランドスタンドでも絵になる場所がないかと第1コーナー側まで脚を伸ばすが、特にいいスポットも無かったので最終コーナー側に戻り、ホームストレイトを走行するマシーンの写真を撮影しながらゴールを迎える。
 レースは、GT500がセルモ38号車がポール・トゥ・ウィンのうえ、2位にルマン6号車、3位にトムス37号車のLC500の1-2-3。GT300はミクAMGがポールからトップを快走していたものの、終盤2回のパンクに見舞われて下位に後退。予選4番手から上位を伺っていたJMS P.MU LMcorsa RC F GT3がGAINER TANAX AMG GT3を押さえてGT300クラスでのRC F GT3初優勝を挙げて、GT500・GT300でレクサスダブルウィンという、アンチトヨタにはなんとも面白くない結果に。
 結果が結果だけに、表彰台見物はパスしてとっととサーキットを脱出することにして17時半に富士を後にして、ガスがリザーブに切り替わったので足柄S.A.でスプラッシュ&ゴーをこなし、海老名S.A.に寄って<M1プレート>の「もち豚みそ焼き定食」で晩メシを済ませてから東京に向かい、横浜町田以降は、箱崎が事故渋滞でちょっと詰まっただけで首都高も流れており20時半に帰宅。
 観戦そのものはそこそこ楽しめたけど、さすがにあの人出(58,000人で過去最高タイの入場者だったらしい)にはいささかうんざりしちゃったなぁ。
中野明慶とゆーびーむ☆の写真 地下通路入口の写真
ピットウォークでは『GT+』のリポーター2人がファンサーヴィス。大昔、中継の様子にカメラを向けたら、カメラマンに乱暴にカメラを押しのけられたことは忘れない。 今年は例年以上に人が多かった印象。それが証拠にピットウォーク終了後、地下通路が大渋滞で通路に入るのにも行列が出来てました。
レーシングミクサポーターズの写真 ZENT CERUMO LC500の写真
ミクサポちゃんの4ショット♪ でも、サーキットでの撮影会参加は今回だけでいいや(笑)。 ピントは合ってないけど、ピットウォールの石浦選手の喜び具合も含めて雰囲気のある画が撮れたのでキープ。

■'17/5/2:NC750Xの慣らしツーリング第2段
 9連休となった今年のゴールデンウィーク。とはいえど真ん中の4日にSUPER GTの富士戦が控えてるし、どうせどこも混んでるかと思うと「ど〜んとロングツーリングにレッツゴーよ!」という気分にもならず、チマチマイヴェントをこなすことに。
 そんな中、走りに行くなら世間的には休みじゃないケースが多いであろう1日・2日が狙い目だろうと、快晴予報(もっとも、このゴールデンウィークはほとんど晴れだったのだけれど)の2日にNCの距離稼ぎツーリングに出かけることに。
 ルートは、距離がそこそこ稼げて、慣らしのクルージングペイスが苦じゃ無くて、かつルーティングで余計なストレスを背負い込まない土地勘のあるルート、ということで軽井沢エリアをチョイス。
 6時前に目覚ましをセットして起床、6時ジャスト出発。雲一つ無い快晴の中、一応平日ということもあり流れの良い関越で慣らしのノルマ消化。
 500km〜600km間の上限である4500rpmは、5速でちょうど120km行くか行かないかなので、可能な限りこのペースを維持しつつ、上里S.A.で休憩を取ってから上信越自動車道に入り、碓井軽井沢I.C.で下りて18号方面に向かったら「軽井沢グリーンライン」というバイパスが出来ていたので左折してみたところ、いきなり中軽井沢の方まで向かってしまったので(当たり前っちゃ当たり前)旧道を戻って旧軽井沢側に抜ける。
 今日は夏日になるとの予報だったけれどさすが避暑地、この辺は午前中だと肌着無しの長袖シャツとフライトジャケットという出で立ちだとまだちょっと肌寒かった。それだけに沿道に植えられた桜はまだ盛りを過ぎたばかりで思わぬ花見ツーリングが楽しめたのはラッキィ。
 軽井沢で撮影タイムを取りつつ北上し、白糸ハイランドウェイを北軽井沢側へ抜け、まだ余裕はあったけど一応給油してから国道406号線にぶつかるまで国道144号線を上がり、万座の手前で折り返して日本ロマンチック街道に入って万座・鬼押ハイウェーと走り、浅間六里ヶ原休憩所で浅間山をバックに撮影タイム。これだけ雲一つ無いパノラマ、そうそう無いのでiPhoneのカメラのパノラマ機能を始めて試してみたりする(撮影した画像はこちら)。
 ここまで渋滞らしい渋滞は全くなく、快適に流すことが出来たので、やはり日程選択は大正解だった模様。
 休憩後、国道144号線をそのまま下りて軽井沢来訪時恒例<ザ・カウボーイハウス>に寄って昼メシ。今回は、国産牛のフィレを使った「テキサスステーキ」とニンニクと赤唐辛子のスープの組み合わせを食す。スープは、コンソメベース(?)でニンニクがたっぷり効いていて美味♪ ただしステーキは、国産牛のフィレだからと言って感動するほど柔らかいわけでもなく、当たり前だけどフィレなので脂身も少なく、コスパ的には期待したほどでは無かった。
 昼メシ後は<軽井沢・プリンスショッピングプラザ>に移動してウィンドウショッピング。ラルフローレンでオンオフ両用出来そうな長袖シャツを買い、おやつに<白樺堂>のプリン生どら焼きをパクついてから出発。
 碓氷軽井沢I.C.から上信越自動車道に乗り、関越に接続してから上里S.A.で軽く休憩を取りつつ東京へ。
 軽井沢エリアで100kmほど走ってしまったので、上信越自動車道〜関越で600km〜700kmまでの上限目安の5000rpmキープを試みるが、5速で130km/hになり、このペイスはなかなか維持出来なかったけど、街中ではなかなかここまで引っ張れないことを思えば良い消化具合かな?
 自然渋滞や事故渋滞(しかも発生直後)もあって少々流れが悪い箇所はあったけど、休日と比べれば遥かにマシな流れだったので6時ジャスト自宅到着。
 快晴の中、実に快適で充実の慣らしツーリングを楽しめた♪
鬼押ハイウェー入口の写真 浅間六里ヶ原休憩所の写真
軽井沢周辺はまだ満開の桜が残っていました。これは八重桜? これまで夏場にしか来ていなかったので、ここで冠雪のある山脈風景は始めて見ました。
ニンニクと唐辛子のスープの写真 テキサスステーキ(フィレ)の写真
ここのニンニクと赤唐辛子のスープが絶品♪ 確かに肉質はアメリカ産のリブロースより良いですが、フィレだけに脂身が少ないのは善し悪しですな。

■'17/4/16:NC750Xの慣らしで箱根へひとっ走り
 この週末は毎年見物している《MOTORSPORT JAPAN》開催中だけど、絶好のツーリング日和をNCの慣らしに使わない手はないと6時起きを目指すが若干寝坊して6時半過ぎ箱根に向かって出発。
 寒くも無く暑くも無くの絶好の気候の中、246〜環八〜第三京浜〜横浜新道〜134〜西湘バイパスの下道コースで箱根にアプローチ。
 西湘P.A.で一服してから箱根ターンパイクで大観山方面に向かうと、桜のトンネルの桜がまだ盛りだったので撮影タイムを取りつつ大観山まで上がって、MAZDAスカイラウンジで休憩ついでに限定の京商製1/64 ND型ロードスターのミニカーを土産に買ってリスタート。
 こんな絶好の行楽日和だと言うのに、バイクはそこそこいるものの意外と流れが良かった十国峠〜伊豆スカイラインを、撮影タイムを取りつつ、慣らしということもあり、ペイスの遅い車がいても抜かないダラダラペイスで流しながら<峠の茶屋>まで向かうと、ちょうど午時だったので牛乳で喉を潤し、つけとろをたぐって人心地つけてから伊豆スカをリバースルートで箱根方面に戻り、箱根新道〜小田原厚木道路〜東名高速ルートで東京に向かう。
 慣らしは走行500kmまでは4000rpm以内ってことだったので、高速ではわざとトップギアを使わず、5速でちょっと引っ張り気味の3500rpm前後でちょうど100km/hになるので、このペースをなるべくキープ。
 海老名S.A.に寄っておやつに<IDEBOK>のソフトクリームを舐めつつ休憩してから最後のスティント。
 3号線が渋谷周辺で大規模な路面張り替え工事をしていたので詰まったけど、他は流れていて4時過ぎ無事帰宅。
 いやしかし、ショートコースとはいえ伊豆スカ走りに行って給油の必要まったく無しとか、さすが低燃費をウリにしているNC。頼もしいなぁ。
ターンパイクの桜のトンネルの写真 NC750Xと富士山の写真
ちょうど去年の今頃は既に散りかけでしたが、今回は盛りに間に合ったターンパイクの桜 富士山は見えていたものの、空は霞み気味だったのがちょっと残念

■'17/4/14:NC750X納車
 9日に予定していた納車日が残念ながら雨が降ってしまったためあえなく1週間延期することに。
 ところがこの週末も天気が崩れる予報だったので(結局持ち直す方向に変わったけど)、思い切って平日に半日休暇を取ってにNC750Xを受け取りに行く。
 各種書類や、初回は年会費をショップが持ってくれるHonda DREAM Owner's Card、今後の点検の予定などの説明のあとNCとご対面。基本的な操作やラグェッジボックス、トップケース等NCオリジナル部分の操作説明を受け(ところでショップの人ですら把握しきれなくなるほど複雑化するデジタルメーターってのはいかがなものか?(^ω^ ;))、車両代金663,180円を支払い、受領証にサインをして契約は完了。
 予備パーツと共にVFRを引き渡して新しい相棒であるNC750Xで帰路に着く。
 ガソリンがほとんど入っていなかったので、万世橋近くのセルフスタンドに寄って給油したら、ちょうど旧交通博物館のステーションコンファレンス万世橋前の桜がまだ残っていたので記念撮影をしてから帰宅。
 詳しいインプレはまたの機会に譲るけど、とりあえず足つきが、数値上はVFR=805mm/NC=800mmと、ほぼ一緒の割りには重心位置やシート形状のせいか、思いのほか爪先ツンツンで、パニックブレイキ時に咄嗟に脚を伸ばした際なんかは結構バランス崩しそうなのが不安。
 とはいえ低速トルクはモリモリで街中では実に乗りやすそうなので、ツーリングに投入するのが楽しみ。
 ところで、走り出してから気付いたけど、慣らしに関してはなんの説明も無かったな。慣らしチェックシートくれるんじゃなかったんかい?(^ω^ ;)

 そして、NCユーザーの間では必須と言われているリアのインナーフェンダーも到着。
 購入したのはプーチ(始めて聞いたけどレプソルホンダのスポンサードしてるのね)のリアフェンダー[6038J]で、アマゾンで16,949円也。
 こちらの詳細も取り付けた時にでもあらためて。

■'17/3/31:僕と契約してNC750Xオーナーになってよ
 VFRの乗車歴が15年、自分も区切りの年齢を迎えることもあって乗り換えの良い時期かと本気で思うようになり、後継機候補であるNC750Xのタマ探しを開始。
 以前試乗した際、ベイシックモデルは足つきに若干不安が残ったのでローダウン仕様、色はこれまで所有したことのない青、住んでいる集合住宅のバイク置き場の更新年と交互にしたいため次の車検が2019年という条件をクリアしていれば、新車・中古にはこだわりが無かったので、ちょいちょいホンダドリーム認定保証中古車の検索システムで検索していたのだけれど、3月末にチェックしてみたら、グリントウェーブブルーメタリックのTypeLDで次の車検が19年、しかもABS付きモデルが登録済み未走行車で639,000円という、まるで自分のために用意されたかのような極上品が見つかる。
 「この巡り合わせを逃したら次は無い!」とテンションが上がったイキオイで、今年から政府と経済界がゴリ押ししている「プレミアムフライデー」に乗っかったわけじゃないけど、31日に有給休暇を取って確保に走る。
 区の出張所で住民票の写しを発行してもらってから、ドリーム店同士なら都合つけてくれるだろうと桜井ホンダへ向かったものの、桜井ホンダは系列が違うので他店の在庫は引っ張ってこれないとのこと。
 決算用(?)の新車の特価品をお勧めされたもののローダウンが無いし、今年登録だと車検の時期が折り合わないのでパスしたけど、応対してくれた店員さんが親切にも板橋店の知り合いに渡りを付けてくれたので早速板橋店に移動。

NC750X店頭在庫の写真
 現物はシートのビニールすら付いたままの事実上の新車。購入の意思を告げ、メインスタンド、純正オプションのリアキャリアと25lのトップケース(+ワン・キー・インナーロックシリンダー&ワン・キー・インナーロックボディ)の組み合わせ、iPhoneをナビ替わりにする時や充電に便利だろうとアクセサリーソケットを取り付けた状態の見積もりが76,3180円(ナンバーは取得済みなので自賠責保険料、重量税の加算は無し)。
 全く期待していなかったVFRの下取りが、転倒時のカウルの傷はあれど、屋内・カヴァーがけ保管のおかげで年式の割りには状態が良いとのことで10万円という、予想外に高い査定結果にんったので、ほぼオプション代が相殺された形で最終的な価格は66,3180円。各種登録手続きのための委任状やら中古扱いなので譲渡関連のための書類に捺印し、納車日を一応9日に設定して契約は完了。
 「契約内容に影響が出てしまうのでくれぐれも転倒などしないように」とプレッシャーをかけられたせいで、いつもより運転にナーバスになりながら帰宅(^ω^ ;)。

 ちなみに「登録済み未走行車」なんて珍しいのでいきさつを聞いてみたら、熊本地震の被害による熊本製作所の生産ストップが長引いたせいで、注文をキャンセルされてしまったりしてダブついた在庫が回ってきたものとのこと。
 まさか熊本地震の影響をこんなところで肌で感じることになるとは、言葉は悪いかもしれないけど、縁は異なものだなぁ。


Last Modified 2017/7/17
Blank
Corner Down Left Blank Corner Down Right